父の詫び状♪

画像
「向田邦子は突然に現れてほとんど名人」と評したのは山本夏彦だったか。あの頃は週刊新潮で山口瞳を読み、週刊文春で向田邦子を読むのが、毎週の楽しみだった。この「父の詫び状」を始めとする著書もほとんど持っていたが、当地に移り住む際に処分してしまった。向田邦子の家族は戦後間もない頃、父の転勤で二年ばかり仙台の琵琶首丁に住み暮らしたことがある。彼女自身は当時東京の大学に通っていたが、夏休みなどには仙台を訪れたこともあり、その頃を書いたものもあったろうと思う。片平丁から評定河原へ抜ける坂を下ったあたりが琵琶首丁。近くの大町交番(お城の体裁をしている)には行ったことがある♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック