テーマ:日常

朝だ朝だよ♪

朝日が昇~る♪4時ころかな。 それにしても思いがけないことばかり起きる暮らしだ まあ、すべてがプラスになると考えて、頑張ろう
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森の中の家♪

我が家である。雑木林の中に住むのが理想だった。わが愛車である。子供から譲り受けた。これで、どこへでも行く♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魚町は今♪

ようやく更地になって来た。とはいえ歩道は砂利道で、歩くことすら難儀する。生活に必要な部分はすべて置き去りにしたまま、表玄関ばかり整備している感じ。何を言っても仕方がない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早朝の風景♪

朝は4時に起きる。いろいろと事情があるのだ。家の裏手、駐車場だった空き地の水たまりにウニの殻が落ちていた。なかなかシュールな光景♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内湾♪

魚市場の駐車場デッキよりプラザホテル方向の眺め。漁船が並ぶ、変わらぬ風景。魚市場はリニューアルされたが、いろいろと問題も多いようだ。対岸の眺め。造船所が並ぶ。大島、鶴亀大橋、建設中の湾内横断橋を遠く望む♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらに春♪

公園に八重桜が咲いた。この木の下で子供を抱いているカミさんを写真に撮ったのは、もう10数年前のことだ。若い頃は八重桜が好きではなかったが、このトシになると、すべての花が愛おしい♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ春♪

ソメイヨシノではないんだろうが、気仙沼にはまだ桜が咲いている。こちらは枝垂れ桜…っぽいけれど、実は違うんだろうな♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喝♪

タンポポが好きなのでなんとなく写真を撮ったら、なんか文字みたいにも見える。「喝!」かな♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うららかに春は続く♪

市民会館前、中学校グランドの桜。そろそろ散り始めている。同じく小学校体育館前の桜。図書館に続く坂道の桜もきれいだ♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雅との暮らし♪

大雅も元気。来月末で2歳になる。相変わらずやんちゃだが、それなりの風格も出て来た。昨日は狂犬病の予防接種へ。久しぶりにたくさんの犬と会えたし、メスの柴と遊んでもらって、ゴキゲンだった。よく遊び、よく食べて、体重は80キロくらいになった(^-^;
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初雪♪

何度か雪は降ったけれど、こんなに積もったのは初めて♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じゃじゃ馬♪

街で知り合いの若い女の子とばったり会って立ち話をしていたら、道の向こうで何事かあったらしく、ピーポーピーポーと救急車がやって来た。「何だろ?あたし、じゃじゃ馬して来ます!」わはは(^O^)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カミさんを待つ大雅♪

元気で元気で大変な大雅(^-^; 尻尾が鏡獅子みたいになった。 深夜の散歩でコンビニへ。 カミさんが夜食を買って来るのを、まだかまだかと待つ後姿♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

煙管(きせる)♪

若い女性(22、3才かな)とタバコ値上げの話になって「家じゃ煙管も使ってるけど」と言ったら「キセルって何ですか?」と。えーっ、キセルを知らないんだ。かなりのショックだった♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わはは(^O^)

かつおの「はいきん」と「ふっきん」と読んでしまった(^^;) そろそろ戻り鰹だ。めちゃめちゃ旨いのだ!(^^)!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩は深夜♪

もうすぐ9月だというのにあづくてあづくて、 気仙沼とも思えない陽気が続いている。 大雅の散歩も相変わらず深夜。 カミさんと一緒の時はコンビニまで行く。 昨夜は港町のローソンへ。 でか焼鳥前の、でか犬(^^) 80キロに乗っかられると重いし、痛い(>_<)ゴミあさりに余念のない大雅。 あづくても食欲はまったく落ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸町の空♪

相変わらずあづい気仙沼 今日も強い陽射しが肌に痛いような日だったが 5時ごろ雷鳴とともに夕立 雑用で幸町あたりを歩くうちに雨は上がり、こんな雲が 何に見えますか(^-^)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日今日と♪

気仙沼はみなと祭りで賑わっているが、友人はまだ怒っている(笑)。 「そもそもあの会社はロクな話がなかったし、関わりたくなかったんだよ。でも担当者との縁があるんで、まあ渋々承知して、加入前の健康診断にその人と一緒に行ったんだけどさあ、何を話しても『ああ、そうですか』しか言えないし、生保のセールスレディだってのにノートパソコンもタブレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少し涼しくなったけれど♪

昨日のブログを読んだ友人が相変わらず怒っていて、 「担当の女性に文句言ったらデコボコのジャガイモをビニール袋に入れたのをぶら下げて詫びに来たんだぜ。営業所の所長に電話して『おたくの会社じゃカンカンに怒ってるお客に詫びを入れるときはジャガイモを持って行くように教育してんのか!』って怒鳴りつけたよ」 わはは(^O^)笑うしかないよね、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ただでさえあづくてイライラしてるのにと♪

友人が怒っていた。 「生命保険がそろそろ満期なんでどうしようかな…と考えてたら、断りもなくあっちで勝手に更新しやがった。頭にきて解約した」 別の友人も怒っていた。 「生命保険を見直そうと思って調べてみたら内容が勝手に改悪されていた。担当者との縁を大事にして任せていたのに、と文句を言ったら会社ぐるみで開き直られ、激怒して即刻解約した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛暑酷暑♪

ともかくあづくてあづくて、大雅にはつらい日々が続いている。庭で一番涼しい風の抜ける木陰にホームセンターで買ってきた砂利を敷きつめて、日中はそこでへばっているけれど、食欲はまったく落ちない(^^;)散歩はだいたい夜で、昨夜は10時過ぎだった。1時間ほど歩いて帰宅して、家の前でしばしクールダウン♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京人の感覚その3♪

気仙沼に住み暮らして10年ほど過ぎた頃、東京の仕事先で打ち合わせをしていたら、スタッフの女性が、ご主人の転勤で仙台に2年いたと言う。気仙沼の人間にとって仙台は大都会である。気仙沼が10円玉なら仙台は1万円札というくらいの違いだ。「仙台は都会だから…」と言うと、彼女は明らかに怪訝な顔をした。仙台がどんなに賑やかな街ではあっても、彼女にとっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空梅雨♪

梅雨入りしてからほとんど雨が降らないので助かっている。歩き疲れてひと休み。大雅にはクローバーがよく似合う。夕暮れ時の幸町・盆踊り公園。このあたりはずっと工事現場状態だが、大型店舗の建設も始まっている。震災前の街並みが懐かしい。歩いていてもどこがどこやらさっぱり分からない♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京人の感覚その2♪

20年ほど前に仕事で仙台を訪れたことがある。「町田みたいだな」と思った。町田市は東京都下だが、旧・三多摩地区。賑わいも活気もある街だが、東京の人間は東京と思っていないところがある。それから程なくして気仙沼に移り住んだが、正直驚くことばかりだった。初めて訪れた時は、気仙沼駅に驚いた。駅を出ても海が見えないことにも驚いた。人の姿がないことに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい公園♪

内湾・魚町の防潮堤問題について書こうとしているのだがうまくまとまらず、更新がしばらく滞ってしまった。ともかく、ひどい話だからね。 眼下の幸町に新しい公園ができたので大雅と行ってみた。広くてきれいだが、子供用の遊具は見当たらないし、設置する予定も感じられない。腹筋ベンチと十字懸垂ベンチがある。当方の実家は横浜市の郊外にあったが、そこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の詫び状♪

「向田邦子は突然に現れてほとんど名人」と評したのは山本夏彦だったか。あの頃は週刊新潮で山口瞳を読み、週刊文春で向田邦子を読むのが、毎週の楽しみだった。この「父の詫び状」を始めとする著書もほとんど持っていたが、当地に移り住む際に処分してしまった。向田邦子の家族は戦後間もない頃、父の転勤で二年ばかり仙台の琵琶首丁に住み暮らしたことがある。彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世相講談♪

この「世相講談」で「おしょすい」という言葉を初めて知った。三陸の巻き網漁船の漁労長の話だったと思う。中学生の頃に北杜夫の「どくとるマンボウ」シリーズが好きになり、その流れで山口瞳という名前を知ったが(両者は麻布中学の同窓生)、年寄りが読む作家だと思って、近づくことはなかった。読み始めたのは高校を出た頃からだろうか。年長の知人にコピーライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more