テーマ:セントバーナード

大雅との暮らし♪

大雅も元気。来月末で2歳になる。相変わらずやんちゃだが、それなりの風格も出て来た。昨日は狂犬病の予防接種へ。久しぶりにたくさんの犬と会えたし、メスの柴と遊んでもらって、ゴキゲンだった。よく遊び、よく食べて、体重は80キロくらいになった(^-^;
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カミさんを待つ大雅♪

元気で元気で大変な大雅(^-^; 尻尾が鏡獅子みたいになった。 深夜の散歩でコンビニへ。 カミさんが夜食を買って来るのを、まだかまだかと待つ後姿♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩は深夜♪

もうすぐ9月だというのにあづくてあづくて、 気仙沼とも思えない陽気が続いている。 大雅の散歩も相変わらず深夜。 カミさんと一緒の時はコンビニまで行く。 昨夜は港町のローソンへ。 でか焼鳥前の、でか犬(^^) 80キロに乗っかられると重いし、痛い(>_<)ゴミあさりに余念のない大雅。 あづくても食欲はまったく落ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛暑酷暑♪

ともかくあづくてあづくて、大雅にはつらい日々が続いている。庭で一番涼しい風の抜ける木陰にホームセンターで買ってきた砂利を敷きつめて、日中はそこでへばっているけれど、食欲はまったく落ちない(^^;)散歩はだいたい夜で、昨夜は10時過ぎだった。1時間ほど歩いて帰宅して、家の前でしばしクールダウン♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空梅雨♪

梅雨入りしてからほとんど雨が降らないので助かっている。歩き疲れてひと休み。大雅にはクローバーがよく似合う。夕暮れ時の幸町・盆踊り公園。このあたりはずっと工事現場状態だが、大型店舗の建設も始まっている。震災前の街並みが懐かしい。歩いていてもどこがどこやらさっぱり分からない♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい公園♪

内湾・魚町の防潮堤問題について書こうとしているのだがうまくまとまらず、更新がしばらく滞ってしまった。ともかく、ひどい話だからね。 眼下の幸町に新しい公園ができたので大雅と行ってみた。広くてきれいだが、子供用の遊具は見当たらないし、設置する予定も感じられない。腹筋ベンチと十字懸垂ベンチがある。当方の実家は横浜市の郊外にあったが、そこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あづい♪

昨日は真夏日まではいかないが、それなりに暑い日だった。大雅も3日の全市一斉清掃できれいになった公園でひと休み。「暑い」は当地では「あづい」と発音する。「あんた」は「あんだ」。例えば「おしょすい」等のように、いわゆる気仙沼弁でよそ者には馴染みのない言葉はいくつもあるけれど、独特の発音については表記し難いものが多い。「おしょすい」にしても「…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

鹿の角♪

鹿の角というのは赤マムシやオットセイの睾丸なんかと同じように男のための精力剤だと昔から思っていたが、大雅と暮らすようになって、画像でご覧のように犬のデンタルケア商品として売られていることに驚いた。早速買い求めたが、まるで石のように硬く、まだ早すぎると判断してそのままになっている。同じ時に牛の角も買ったが、こちらは柔らかい髄を含めて、あっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しんどい陽気♪

気仙沼は港町だからそもそも天気は不安定で、一日のうちでも晴れたり曇ったり雨が降ったりと、コロコロ変わる。そこへ持って来てこのところ寒かったり暑かったりの日替わりで、大雅もしんどそうだ。今日は暑くてバテ気味、いつもの公園でしばし涼んでいた。100均で買ったボールがお気に入り。踏んだり噛んだりするとキューキュー鳴る。今月末で1才になるが、遊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は雨♪

昨夜から寒く、ヒーターをつけて暮らしていた。沖縄奄美地方は梅雨入りらしいが、気仙沼も早い梅雨冷えという感じだ。昨日は庭の梅を剪定した。その枝で遊ぶ大雅。今月末で1歳になる。散歩していて「会うたびに大きくなってる!」と驚かれることが多いのだが、一緒に暮らしているとあまり感じない。とはいえ、抱っこしてヘルスメーターに乗ることが不可能になった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑♪

気持ちのいい日。公園の緑がきれいだ。大雅も木陰でリラックス♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山へ♪

昨日は「連休だ、山に行く!」とジジが。ジジババと我が家3人、山菜採りである。県境を越えて岩手へ。かつての道標。天気も上々。室根山を遠く望む。収穫はタラッポ(タラの芽)・ワラビ・セリ・ウコギ・イタドリ。セリ以降は当方しか食べない。息子はすべて苦手だが山菜採りは大好きだ。連れて行きたいけれどダニが心配なんで留守番していた大雅と公園へ。その後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雅は元気♪

このところ雨続きでのびのびと暮らせずストレスがたまっていた大雅と久しぶりに公園へ。画像はカミさんの投げたサツマイモのおやつをパクっと食べたところ。いい訓練になるそうだ。今月初めにこの公園でハルという名の柴犬に会った。たいていの犬は、飼い主さんも含めて大雅の大きさに恐れをなし、なかなか友達になれないのだが、大雅より少し年上のハルも、我々よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眼瞼外反症♪

大雅は我が家に来た時から眼の下瞼が充血している子犬で、散歩をしていて「目が赤いね」と言われることもあったが、曲がっていた前足の心配ばかりしていて、気にも留めていなかった。ところが2、3日前に両眼が「あっかんべー」というような状態になってしまった。充血も、いつもよりひどい。そもそもペーソスのあるキャラクターゆえ「情けないっす…」というよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日この頃♪

陽気が良くなったので、このところ大雅は終日この場所で過ごしている。「セントバーナードらしい風格が出てきた」と言ってくれる人もいるが、まだまだ子供で悪戯ざかり。訓練は続けているが、相変わらず大はしゃぎで手を焼くことが多い。リードを3本、噛んでボロボロにした。ケージに敷いた長座布団を5枚、噛み破って綿を出した。ルルは相変わらずのびのびと暮ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北国の春♪

いつも大雅と過ごす公園周辺の桜が、ほぼ満開を迎えた。市内では花見の名所だった大川土手の桜が護岸工事ですべて伐採され、花は咲いてもお花見気分にはなれない。公園のしだれ桜も咲いた。風はまだ冷たいが、青空にコブシがきれいだ。大雅は花より団子♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雅(12)

画像は昨日の大雅。自主訓練と散歩を終えて帰って来たところで、くたびれている。カミさんはさらにくたびれている(^-^; 3月に入ってからあれこれと小忙しく、18日が最初の訓練だった。やはり3週間のブランクは大きく、前日まで手に負えなかった大雅だが、訓練所に着いて先生の顔を見ると、他に5匹の犬が来ていたことも嬉しかったのだろう、人(犬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雅(11)

「九ヶ月を過ぎましたら自由運動は少なくして引き運動が中心になると考えてください。チェーン・カラーに慣れさせ、人の左側について歩くことをおぼえさせていきます。運動中、引きひもにじゃれたり、人より犬が先に行ったり、左や右に引っぱったりのくせがあったら直すようにしておきます。直線的に運動できるようにするのです。」 -セント・バーナードの飼い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三寒四温♪

東京では桜が咲いたようだが、気仙沼はまだまだ寒い。それでも今朝ウグイスの初音を聞いた。例年に比べて早い気がする。大雅と公園でいっぷく。このところ反抗期っぽく、怒られると分かっていることを、敢えてする感じだ。悪戦苦闘の日々は続く。この公園は震災後すぐに自衛隊の駐屯地になり、テントが並んでいた。駐車場には自衛隊風呂も設置されて、多くの市民が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雅(10)

単純なことです。犬は常に人の左側を、後から付いて歩くようにする。「止まれ」と言ったら止まり、「待て」と言ったら待つようにする。分かりやすい言葉で絶えず指示を出しながら、身体での動きも絡める。犬が勝手な動きをしたら「いけない!」と叱ってチェーンの首輪で止める。最初にガツンと強くやれば、犬は嫌なことをされたくないから、指示に従うようになる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雅(9)

画像は昨年の9月9日、我が家に来たばかりの大雅♪あっという間に大きくなったので、はるか昔の写真のように思えてしまう。このとき使っていたケージには、もう身体が収まりきらないし、庭の犬小屋は結局まともに使わないうちに、お役御免となってしまった。 初めての訓練で最初に先生から言われたのは「このハーネスとリードはダメ」だった。首が苦しいだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雅(8)

訓練は、少し離れた町で、毎週日曜日ということだった。 伺う前に、紹介してくださった方から「セントバーナードは敵意がなくて誰とでも仲良くなりたい犬なので、訓練は半年から1年はかかると思って欲しい」と先生がおっしゃっている、と聞かされた。「かなり厳しいところもあるけれど大丈夫ですか?」とも聞かれた。 ご覧になった方も多いと思うが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雅(7)

結論から言えば、我らの育て方は、ほとんどが間違っていた。 大雅の仔犬らしい無邪気さを愛していたし、元気に歩けるようになったことが何より嬉しかったけれど、正直言って天真爛漫すぎて手に負えなくなっていた。飛んだり跳ねたり、縋ったり噛んだりで、楽しく一緒に過ごせない。本気で噛んでいないとはいえ、痛いし、血は出るし、腫れることもあった。噛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雅(6)

ぐんぐんと成長してゆく大雅だが、元気いっぱいゆえ、散歩はさらに困難を極めていた。首が締まらないようにハーネスを付け、自由に動けるようにと伸縮するリードを使っていたが、例えばカミさんを追いかけて走り出すと、動きを止めるのが大変だった。服の袖や裾、靴のひもを噛んで引っ張るのも直らない。リードを持った手を噛むことも多く、二人とも服はボロボロで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雅(5)

画像は昨年10月の大雅。左前足が曲がっているのがよく分かる。 久しぶりに一関のペットショップへ行くと顔なじみの店員さんたちが、大きくなった大雅に仰天していた。家の近所に犬好きで大雅を可愛がってくれる男性がいて、散歩の時にときどき会うのだが、大雅を見ると「わはははは」と笑いが止まらなくなる。昨日もお会いしたのだが「えーっ!こんなに(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雅(4)

三種類の口輪を試してみたが、最終的にはアメフトのヘルメットに付いているフェイスガードのような、この口輪を使うことにした。鼻先を覆ってしまうので相当のストレスを感じるのだろう、装着を嫌がったし、何とか取ろうと、もがくことも多かった。それでも、拾い食いを気にせず歩くことができるし、はしゃいで噛んでの大騒ぎから解放されるのは助かった。体重は3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雅(3)

それなりに暑かった晩夏も過ぎ、秋も深まる頃から、大雅はめきめきと大きくなり始めた。前足も、相変わらず足の運びに不自然さはあったけれど、どんどん太くなっていった。始めの頃は、会う人ごとに「ちょっと足が悪いみたいね」と言われることも多かったが、この画像を撮った12月頃にはそれも少なくなっていた。さらに足を鍛えるために毎日2時間は歩いていたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雅(2)

9月に我が家の家族になって以来、歩けることに一喜一憂する日々が続いていた。散歩をしていても、しばらく歩くとへたり込んでしまう大雅に、「もしこの子が歩けなくなったら上半身を預けられるような台車を作ってあげよう」とカミさんは言った。 体重が増えることで足の負担が大きくなるから、なるべく痩せ気味に育てようと、食事にも気を使っていた。 不憫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雅♪

セントバーナードという超大型犬を飼うにあたって、相応の覚悟はしていた。カミさんがネットで見初めて、はるばる愛知県からやって来た愛らしい仔犬は、前足に明らかな異常があった。見るからに湾曲していて、歩くことが辛そうだった。(注:画像は近影です) その旨を一関のペットショップに質すと「別の犬に交換しますか?」 そうした取り決めは、購入前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more